ご挨拶

桑原商店の飲食部門は、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大防止のため、2020年2月4日よりオペレーションの工夫による感染防止対策を行い、3月28日より完全休業を行っておりましたが「9月15日(火)より飲食部門の営業を再開」いたします。
桑原商店は、この五反田で105年にわたり商いを行ってまいりました。
この度の「新型コロナウイルスの感染拡大」に関して、この時代の局面を厳粛に受け止め持続可能な商いをしていくためには、とにかくお客さま及び、一緒に働くスタッフや家族の安心安全な環境を整えることが第一使命として考えました。
「新型コロナウイルス」は現時点では科学的にも未解明なことも多く、慎重にならざるおえない状況でございますが、現代の科学テクノロジーや最先端の医療技術など、人類の英知を結集することでいずれは乗り越えていけることでしょう。
それまでの間、桑原商店では、できる限りの最高峰の感染防止対策を施し、お客さまをお迎えしたく思っています。
今回の感染防止対策では、長期化するwithコロナ、その後のアフターコロナの時代における店舗のありかたも視野に入れ、建築家、デザイナー、感染防止対策の関係者などを含めた様々な人のお力添えをいただきながらクリエイティブなアプローチで検討を進めてまいりました。
業界のガイドラインを徹底的に遵守した上で、桑原商店としてのローカルディスタンスという店舗独自のルールの導入も図りました。
それらの対策をお客さまに強要するような雰囲気を可能な限り出すことなく、柔らかい空気感の中で安心してお過ごししていただけるような店舗空間になるようにバランスをとったつもりです。
確かに、コロナの感染拡大前のような大人数で賑やかに酒を酌み交わすということは難しくなりましたが、お一人、もしくは大切な方と少人数で、丁寧に醸された文化の結晶である日本酒をしっかりと味わって、感じていただけることはこれまで以上にできるようにいたしました。
東京は、人々の移動も制限され、これまでのように自由にどこでも行ける雰囲気ではなく、ライフスタイルも急激な変化をしております。そのようなストレスの中、少しでも短時間でも桑原商店で日本酒を嗜んでいただき、酔い時間をお過ごしいただければ嬉しく思います。
桑原商店では、この度の営業再開後も社会的な要請を考慮しながら、感染防止への取り組みを行ってまいります。お客さまにもご不便をおかけすることなどございますが、私どもの努力だけではなく、お客さまとも一緒に協力し合うことで、これからも柔らかな場の力を引き出していきたく思います。
皆さまと久しぶりにお会いできることを心より楽しみにしております。
どうぞよろしくお願い申し上げます。

2020年9月14日
株式会社桑原商店 代表取締役 桑原康介

プレスリリースは以下よりダウンロードください。

感染防止に関する、具体的な3密回避対策について

安心して皆さまがお過ごしいただけるよう、以下の対策を行います。

□ ご入店時
・店舗入口付近の感染防止対策関連の注意表記をご一読いただき、対策のご理解をお願いいたします。
・グループでのご利用はお控えいただきます。
(当分の間、通常の50%の人数制限を行います。混雑時は入店制限の掲示を行います。)
・店内の導線を整理していますので、ご協力をお願いいたします。(出入り口が変更になっています。)
・手指のアルコール消毒をお願いいたします。
・サーモグラフィによる検温をさせていただきます。37.5℃以上の場合やご体調が優れない場合は、ご利用をお控えいただきます。

□ ご注文時
・お会計時やご注文時には、床面のラインに従い一定の間隔(1〜2m)を空けてお並びいただきます。
・ご利用システムのご説明などを簡略化、削減するための案内サインの増設をしています。
(スピーディーにご注文できるセットメニューも用意しています。)
・酒瓶には、お手を触れないようお願いいたします。
・大皿ではなく、小皿で一人分ずつのご提供を続けます。

□お会計時
・お会計時やご注文時には、床面のラインに従い一定の間隔(1〜2m)を空けてお並びいただきます。
・交通系電子決済やPayPayなどの非接触でのキャッシュレス決済を推奨させていただきます。
(現金はトレイでの受け渡しとし、都度、手指のアルコール消毒を行います。)
・マスク入れをお渡しますので、ご使用ください。

□ 飲食時
・立ち飲みテーブルは、ソーシャルディスタンスエリアの床面の印をご確認ください。
・大理石テーブルは、席の間引きをしています。向かい合わせでのご利用はできません。
・お手拭きやペーパータオルのご利用を促進します。
・卓上の調味料などは撤去いたします。必要に応じて、小分けでのご提供をさせていただきます。
・飲食時以外は、できるだけマスクのご着用と控えめな会話のご協力をお願いいたします。
・カバンなどの荷物は床に置かないよう、置き場所をご用意します。
・お帰りの際は、食器類は返却台にお戻しいただくか、そのままで構いません。

□ 店内エリア
・店内出入り口(2カ所)とレジ(2カ所)、トイレの出入り口など店内各所に非接触タイプ含むアルコール消毒スプレーを設置しています。
・店内のBGMを低音量化します。
(通常時の半分程度の音量にすることで、会話を聞き取りやすくします。)
・酒燗器は、厨房内に移設し接触機会を低減します。
・トイレの便座除菌剤を設置しています。また、トイレ利用後は出入り口のアルコール消毒液をご使用ください。
・トイレの手洗い水洗を足踏み式に変更することで、蛇口の接触機会の低減を図ります。
・空気清浄機を活用します。(冬期間は湿度コントロールを行います。)
・出入り口などの扉には、抗菌加工を施しています。

□ お持ち帰り(小売り)の日本酒に関して
・飲食営業時間中のお持ち帰り用日本酒の試飲は、混雑時にはお控えいただく場合がございます。
・試飲はお持ち帰り用のレジカウンターにてご案内いたします。
・当分の間、使い捨て紙コップで試飲いただくことになります。(スタッフは紙コップに触れません。)

〈対策工事〉
換気に関して・・・
「店内の4方向換気が可能です。」
従来の店内3カ所の換気機能から、新規に換気扇を設置したことで、店内の4方向すべてに換気が可能な状態となりました。また、サーキュレータや扇風機などを追加設置(計4台)しました。
営業時間中は、常時2方向への換気を行います。混雑時など必要に応じて、4方向全ての換気を行います。そのため、店内の温度が適温でない場合がございますが、換気を優先させていただきますのでどうかご了承ください。

※店内の換気能力のテスト結果
4方向換気の場合・・・3分以内で店内すべての空気が入れ替わります。(新幹線や航空機並の換気能力を確保しました。1時間に20回の空気の入れ替えが可能です。)
2方向換気の場合・・・約7分で店内すべての空気が入れ替わります。

飛沫感染防止に関して・・・
・厨房、レジ、フロア間の感染防止パーテーションの設置をしました。
・大テーブルへの感染防止パーテーションの設置及び座席の削減をしています。
・立ち飲みテーブルでの立ち位置などが分かるようにしています。

消毒清掃に関して・・・
・店舗の清掃と消毒を徹底します。お客さまが入れ替わる都度、テーブルなどを消毒します。通常の拭き掃除や消毒作業を従来以上に徹底します。
(高頻度のアルコール消毒清掃に耐えるよう、什器類の再塗装をしています。)
・食器類は、業務用食洗機にて高温洗浄します。
・酒瓶の拭き取りを行います。

スタッフの対策・・・
・スタッフのマスク着用の義務化、必要に応じてマスクの上からフェイスシールドやマウスシールドなどの着用を行います。
・スタッフの健康チェックを厳格化します。(毎朝と夕方の検温、体調の聞き取り、感染リスクのある場所へ訪れることがないよう行動制限などを行います。スマホのアプリ導入などを通し、スタッフが感染者と接触した形跡があれば、原因や検査結果が出るまで店舗は休業をいたします。)
・食品の安全と衛生管理を徹底します。厨房スタッフのゴム手袋とマスク着用、定期的なアルコール消毒、食品の保存温度の管理など。
(お酒を注ぐスタッフは、ゴム手袋の着用をいたしませんが、都度手指のアルコール消毒を行います。)
・スタッフの役割分担を明確化しております。そのため、お待たせしてしまう場合がございますがご了承ください。

お客さまにはご不便をおかけしますこと、とても心苦しいのですが、どうかご了承くださいますようお願い申し上げます。

※その他の各事業に関しては、それぞれの事業特性に応じた感染防止対策、オンラインの積極的な活用含めた働き方改革を引き続き推進してまいります。

今回の対策工事に関わるデザインについて・・・
グラフィックデザイナー:松本健一氏より

桑原商店のビジュアルアイデンティティー(VI)は、代々ここで営まれてきた場所性ということを踏まえ、シンボルは作らずに店名と住所をセットにしたロゴで、ファサードや店内POP、ショップのツール類も全て文字を基本としたデザインです。
桑原商店のVIは文字そのものですから、今回のコロナウイルス対策注意喚起のサインも重要なVI要素の一つという考えの元、文字を基本としたデザインとしました。
お酒とコミュニケーションを楽しむ場に、このようなデザインは無い方が良いに決まっていますが、現在の状況を考えると安全安心を優先に、注意事項の記載を柔らかくまとめました。
桑原商店は、家族・親戚3代で営まれていますから、お客さまの安全と同時に、従業員の安全を考慮することも必須です。
今後もこの状態が「普通」となることも十分考えられるため、その場限りの対策ではなく、今回の対策が「普通」の状態となっても、店舗・空間としての魅力や、お客さまの楽しい気分を損なわない、そんな空間を意識してデザインに取り組みました。

スキーマ建築計画:長坂常氏より

大家族で作り上げるお店、桑原商店。当然その中には高齢の方もいることからwith coronaの中での営業を考えた時、コロナガードが必要となり設計依頼をいただいた。
そこでトイレのコンパネの黄色やスチールラックの緑との相性を考え、さらに虫よけやコロナよけとして防虫ビニルカーテンを使って厨房をガードした。

店舗概要 (当分の間、時短や営業日の変更がございます。)

店舗名 桑原商店
営業時間  11:00 – 21:00 (飲食 17:00 – 20:30L.O.)
      日曜・祝日定休(月、土曜日の営業日時が可変的です。)
住所   141-0031 東京都品川区西五反田2-29-2  TEL 03-3491-4352
取扱商品  日本酒 約200 種類、クラフトビール 約30 種類、焼酎、リキュールなどを中心とするアルコール類、 ソフトドリンク、各地の加工品、総菜、アート作品

運営会社 株式会社 桑原商店 http://to-plus.jp/  有限会社酒蔵一番

空間設計 長坂常 / スキーマ建築計画 http://schemata.jp/
施工管理 高本貴志 / 高本設計施工   撮影 / 森孝介
ストアサイン計画・グラフィックデザイン 松本健一 / MOTOMOTO inc. http://www.moto-moto.jp/