様々な人が交差し、協働することで、柔軟にものごとをつくりだしていくクリエイティブ・ハブを目指します。

マネジメント部門

クリエイターとチームを組み、プロジェクトや地域特有の魅力を引き出し、更なる価値の創造に繋げていきます。パッケージデザイン、イベントや中小企業のブランディングの構築の他、国際芸術祭などの総合的なマネジメントをオープンなプラットホームの中で行います。

ギャラリー部門

自由が丘駅前に2015年4月16日にオープン。オルタナティブ スペースとして、柔軟にものごとが生まれていく幅広い表現活動の場です。これまで若手アーティストとともに30回ほどの展示を催行しています。作品制作や展示活動を通し、様々な人や地域との交流も行います。

酒販・カフェ部門

日本酒の文化的な背景や地域性を尊重し、人と酒、各地域が繋がり、そこから新しい取り組みが生み出される店舗創りを目指し、企画を進めています。創業100年を迎えた家業の酒販店を未来に向けて再構築していきます。(2014年3月にこれまでの路面店を閉鎖し、現在は2018年秋オープンの新店舗に向けた計画を進めています。)

6次産業化部門

一般社団法人地域資源活用の会 事務局メンバーとして活動しています。農林水産省6次産業化中央サポートセンタープランナーの資格も活用し、日本各地の食に関する商品の魅力や豊かさを高めて、国内外への販路を拡大するための取り組みを多様なネットワークと協働のもとに遂行します。

 

株式会社 桑原商店  (桑原商店 to+  KUWABARA SHOTEN to+ Co., Ltd.)

office : 〒141-0031 東京都品川区西五反田 2-29-5 桑原ビル
tel: 03-3491-6800 fax: 03-3491-6286

shop : 〒141-0031 東京都品川区西五反田 2-29-2(2018年秋リニューアルオープン予定)

gallery : 〒152-0035 東京都目黒区自由が丘1-12-4-B1F

設立 1950年9月20日(創業1915年) 新規事業展開を図るため2013年12月2日定款変更

資本金 1,000万円  関連会社:有限会社酒蔵一番

酒類販売業免許:第123号(全酒類販売)

古物商許可証:第303301707024号 東京都公安委員会

・事業内容

1,商品デザインの企画及び販売

2,美術展覧会の企画、運営、作品の販売

3,芸術文化、地域づくりに関わる調査研究、企画、制作などの総合的なマネジメント事業

4,酒類及び食料品などの販売

5,飲食店の経営

6,不動産の賃貸及び管理

 

_I8A2661

桑原 康介   Kousuke Kuwabara

略歴・・・・・
1980年、桑原商店4代目として東京で生まれる。美術大学在学中はデザインと芸術学を専攻し研究課程修了。卒業後、株式会社アートフロントギャラリーでパブリックアートや国際芸術祭などの新規企画や運営に関わり、NPO法人越後妻有里山協働機構の設立を契機に転籍(途中2年間、十日町市役所観光産業部観光交流課へ出向)を経て、2014年より家業の会社を継ぎ、アートやデザインのマネジメントに取り組む部門を新たに設け、新規事業を「桑原商店 to+」として展開。
これまで「大地の芸術祭・越後妻有アートトリエンナーレ」を中心に、「瀬戸内国際芸術祭」「中房総国際芸術祭 いちはらアート×ミックス」など、各地の国際芸術祭の立ち上げから携わる。特に、越後妻有(十日町市)には10年近く居住しながら、新商品開発、着地型観光、各種文化事業、拠点複合施設の運営などに従事した。
これまでデザインマネジメントに携わった各アイテムは、グッドデザイン賞を始めとする国内外のデザイン賞を多数受賞。
デザインマネジメントやアートを通した地域活性化に関する講演や勉強会、各大学での講義も行う。 2015年4月に目黒区自由が丘にアートギャラリーを開設。「とことんオーガニックシンポジウム」など農業に関する企画にも関わる。2016年開催の「KENPOKU ART 茨城県北芸術祭」ではジェネラルマネージャーに就任。「デザインで地域を元気にする仕掛け人たち」をはじめ、専門誌や新聞を中心にメディアへの掲載多数。
現在は、2018年秋の酒販店のリニューアルオープンに向けた準備を多様な協働のもとに邁進しながら、アートやデザイン、まちづくりに関わる多数のプロジェクトを遂行中。

 

株式会社桑原商店 代表取締役
gallery to plus  ディレクター
農林水産省6次産業化中央サポートセンター プランナー
一般社団法人地域資源活用の会 クリエイティブディレクター
自由が丘東地区再開発準備会 役員
茨城県北芸術祭 ジェネラルマネージャー
とおかまちプロモーション大使
NPO法人越後妻有里山協働機構 会員