様々な人が交差し、協働することで、柔軟にものごとをつくりだしていくクリエイティブ・ハブを目指します。

マネジメント部門

クリエイターとチームを組み、プロジェクトや地域特有の魅力を引き出し、更なる価値の創造に繋げていきます。パッケージデザイン、イベントや中小企業のブランディングの構築の他、国際芸術祭などの総合的なマネジメントをオープンなプラットホームの中で行います。

ギャラリー部門

自由が丘駅前に2015年4月16日にオープン。オルタナティブ スペースとして、柔軟にものごとが生まれていく幅広い表現活動の場です。これまで若手アーティストとともに40回ほどの展示を催行しています。作品制作や展示活動を通し、様々な人や地域との交流も行います。

酒販・飲食部門

日本酒の文化的な背景や地域性を尊重し、人と酒、各地域が繋がり、そこから新しい取り組みが生み出される店舗創りを目指し、企画を進めています。創業100年余年を迎えた家業の酒販店を未来に向けて再構築していきます。(2014年3月にこれまでの路面店を閉鎖し、2018年12月に酒販店の倉庫をリノベーションした新店舗をオープンしました。)

6次産業化部門

一般社団法人地域資源活用の会 事務局メンバーとして活動しています。農林水産省6次産業化中央サポートセンタープランナーの資格も活用し、日本各地の食に関する商品の魅力や豊かさを高めて、国内外への販路を拡大するための取り組みを多様なネットワークと協働のもとに遂行します。


株式会社 桑原商店  (KUWABARA SHOTEN to+ Co., Ltd.)

office : 〒141-0031 東京都品川区西五反田 2-29-5 桑原ビル
tel: 03-3491-6800(代表番号) fax: 03-3491-6286
(プレス、ギャラリー、各種プロジェクトなどはお問い合わせフォームからお願い申し上げます。)

shop : 〒141-0031 東京都品川区西五反田 2-29-2
tel: 03-3491-4352 fax: 03-3491-6286

gallery : 〒152-0035 東京都目黒区自由が丘1-12-4-B1F

設立 1950年9月20日(創業1915年) 新規事業展開を図るため2013年12月2日定款変更

資本金 1,000万円  関連会社:有限会社酒蔵一番

酒類販売業免許:第123号(全酒類販売)

古物商許可証:第303301707024号 

東京都公安委員会営業許可証:30品保生食れ第6132号

・事業内容

1,商品デザインの企画及び販売

2,美術展覧会の企画、運営、作品の販売

3,芸術文化、地域づくりに関わる調査研究、企画、制作などの総合的なマネジメント事業

4,酒類及び食料品などの販売

5,飲食店の経営

6,不動産の賃貸及び管理

_I8A2661

桑原 康介   Kousuke Kuwabara

略歴・・・・・

1980年、小売業を営む桑原商店4代目として東京で生まれる。美術大学在学中はデザインと芸術学を専攻し研究課程修了。大学在学中より、大地の芸術祭に「こへび隊」として関わる。卒業後、株式会社アートフロントギャラリーでパブリックアートや国際芸術祭などの新規企画や運営を行い、NPO法人越後妻有里山協働機構の設立を契機に転籍(途中2年間、十日町市役所観光産業部観光交流課へ出向)を経て、2014年より家業の会社を継ぎ、アートやデザインのマネジメントに取り組む部門を新たに設けて、創造性と協働を重視した様々なプロジェクトを遂行中。

これまで「大地の芸術祭・越後妻有アートトリエンナーレ」を中心に、「瀬戸内国際芸術祭」「中房総国際芸術祭 いちはらアート×ミックス」など、各地の国際芸術祭の立ち上げから携わる。特に、越後妻有(十日町市)には10年近く居住しながら、新商品開発、着地型観光、各種文化事業、拠点複合施設の運営などに従事した。 2015年に目黒区自由が丘にアートギャラリーを開設し、若手アーティストとのネットワークを強化、また、農林水産省6次産業化プランナーとして農業に関する企画や一次生産者への相談支援、「とことんオーガニックシンポジウム」などに携わる。2016年開催の国内最大の開催エリアを誇る「KENPOKU ART 茨城県北芸術祭」ではジェネラルマネージャーに就任。2018年秋、多様な協働と家族一同で家業の酒屋の倉庫を改修し、飲食もできる酒販店としてリニューアルオープン。2年間で50媒体以上の多様なメディアに取り上げられるとともに、日本酒を新しい切り口で捉えて展開し、新たなコミュニティが生み出される場所になる。2020年より最先端の科学テクノロジーを援用したアートイベント「 Media Ambition Tokyo」の開催に従事、2021年には、世界初のSDGsをテーマとした展覧会「北九州未来創造芸術祭 ART for SDGs」に携わる。目黒区自由が丘地区の都市再開発事業の副理事長及び、施設コンセプト検討委員会の委員長を努める。デザインマネジメントやアートを通した地域活性化に関する講演や勉強会、各大学での講義も行う。

デザインマネジメントに携わった各アイテムは、グッドデザイン賞を始めとする国内外のデザイン賞を30以上受賞。

株式会社桑原商店 代表取締役 
gallery to plus  ディレクター 
自由が丘東地区市街地再開発準備組合 副理事長 
日本大学 藝術学部 美術学科 地域芸術専攻   非常勤講師
関東学院大学 国際文化学部 非常勤講師 
農林水産省6次産業化中央サポートセンター プランナー 
一般社団法人地域資源活用の会 クリエイティブディレクター 
有限会社酒蔵一番 取締役 
茨城県北芸術祭 ジェネラルマネージャー (〜2017年)
とおかまちプロモーション大使 
NPO法人越後妻有里山協働機構  会員
東京商工会議所品川支部青年部  会員 

主な受賞歴(2010年以降のみ記載):

各クリエイターとの協働により、デザイン制作におけるマネジメント、ディレクションに関わったアイテムが以下の賞を受賞。
・グッドデザイン賞2010〜2011 パブリックコミュニケーション部門 受賞
・One Show Design 2010 2012 Merit賞 受賞
・アジアデザインアワード 2010 2012 金賞 銀賞 銅賞 受賞
・日本パッケージデザイン大賞 2011 酒類部門:銀賞 その他複数入選 2014年 金、銀、銅賞
・PENT AWARD 2010 銀賞
・D&AD Awards 2010 Packaging Design部門「In Book」入選
・東京TDC賞 2010 2013 2014 2015 入選
・厚生労働省 至福のお届け 全国最優秀賞
上記を含め、約30のデザイン関連での受賞、入選あり。